2018年06月13日

市民からの相談

市川市宝1丁目と2丁目の間に中江川があります。今回は宝1丁目の中江川沿いにお住まいの方から寄せられたお話です。川の中断に排水溝丸く穴が開いており、大きなドブネズミが行き来しているとのことでした。また近くのコンビニに餌を求め、ごみ箱付近をちょろちょろしているのを見かけ、衛生的にもよくないとのことです。早速市の清掃部に相談したところ、家庭用の薬を頂きましたが、川にまくような薬ではなくこれを犬や猫が食べると大変なことになるということでした。業者に訪ねても例がなく何とも言えないとの返事。実はこの川幸2丁目と幸1丁目の間も続いておりそこは蓋掛けがしてあり桜並木になっています。同じようにできないかとの問いに、水と緑の部は当初は蓋をかける計画だったが、河口にある水門が対応しきれなくなるために半分で終わりにした経過があるといいます。河口には千葉県の事業である水門が設置されています。その水門の容量が増えないことには蓋はできないということです。しかし蓋をしてもネズミがいなくなるわけではありません。何か良い解決方法はないものでしょうか。
posted by ひろた 徳子 at 11:33| Comment(1) | 日記

2018年06月02日

6.2千葉県民集会

CIMG1228.JPG
講師に木村草太さん(首都大学東京教授)を迎え、特定の立場ではなく憲法研究者としての立場で話されました。憲法の成立ち、教育無償化と憲法を義務教育の何を無償化にしているのか、教科書が無償になった経過など話されました。自衛隊と憲法9条では、様々な論点を話され、改憲は国民の投票をしなくてはならず、なんと費用は850億円もかかると言います。何をするべきかという運動論にはなりませんでしたが、憲法をしること、守ることが大切なんだと感じました。
posted by ひろた 徳子 at 18:08| Comment(0) | 日記